女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:15

英字題名

Margaret Thompson Murdock/Irina Rodnina

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

国際射撃連合が、史上最高のトップ12人の射手のリストを編集したとき、マーガレット・マードックは第6で、唯一の女性であった。 1969年ヨーロッパ選手権大会で、19歳のイリーナ・ロドニナと21歳のアレクセイ・ウラノフは、金を獲得するために、まばゆくて複雑なジャンプを特徴とするダイナミックな新しいスタイルを使用した。

説明・原文抜粋(en)

When the International Shooting Union compiled its list of the top 12 shooters of all time, Margaret Murdock was sixth, and the only woman. At the 1969 European Championships, 19-year-old Irina Rodnina and 21-year-old Aleksei Ulanov used a dynamic new style featuring dazzling and complex leaps to win the gold.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2011/7/9 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

スポーツ大国として知られるオーストラリアにおいて、オーストラリア・スポーツ・コミッションは、メディアで女性スポーツが男性スポーツよりも取り上げられる時間が短い現状を鑑み、女性スポーツの報道を積極的に支援することを決定した。 1998年の第2回世界女性スポーツ会議において採択された「ウィンドホーク行動要請」の第6項に「女子及び女性のスポーツへの関わりを、より広く、深く、質高く描き、きちんと報道するようにメディアに働き…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

シドニーオリンピック、北京オリンピック、ロンドンオリンピックの3大会にクレー射撃の日本代表選手として参加した中山由起枝は、2000年シドニーオリンピック後に引退し、出産した。ひとり娘を前に、子育て、生活していくための居場所を考えたとき、答えは必然とクレー射撃であった。2003年に現役復帰し、両親の協力を得ながら2012年のロンドンオリンピックを目指した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ウエルネス(健康・幸福)/健康/妊娠・出産
-ウエルネス(健康・幸福)/人間関係
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

バーレーンのマナマでは、第1回Bahrain Women`s Gamesが現在開催されている。同大会は、バーレーンオリンピック委員会(BOC)との連携の下に女性最高評議会(Supreme Council for Women:SCW)によって企画されている。開会式には、Shaikha Maryam bint Hassan Al Khalifa SCW副会長が出席した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/女性スポーツ全般
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

政府が13日に発表したスポーツ投資計画の中で、6億9千万レアル(約268億円)は“Bolsa Pódio(メダル手当)”として、オリンピックでメダルを目指す選手へ支給する。受給できるのは、対象となるオリンピック21競技及びパラリンピック15競技で、世界ランキング20位以内の実績を持つ選手200人程度で、月額15,000レアル(約58万円)を上限に選手個人に支給される。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

2012年に行われたロンドン五輪では、小原日登美らなど自衛官アスリートの活躍が目立った。その大多数は自衛隊体育学校の所属。レスリングやボクシング、柔道、射撃、アーチェリー、ウェイトリフティング、陸上、水泳、近代五種の9種に特化して、オリンピックなどの国際レベルの選手の育成に取り組んでいる。

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/その他
-行政・教育・企業/企業スポーツ
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
英字題名

Lusia Harris-Stewart

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

ルシア・ハリス・スチュワートの競技人生は、アマンダ・エルジー高校の女子バスケットボールチームのメンバーになった1969年から始まった。彼女は、粘り強いディフェンスとスムーズなシューティングによって、コーチおよびチームメイトを感動させた。1973年に卒業をすると、ハリス・スチュワートは3回の全国および地域の選手(1971-1973年)、2回の全州の受賞者(1972-1973年)として表彰され、学生選手としてデルタ州立大…

説明・原文抜粋(en)

Lusia Harris-Stewart began her athletic journey in 1969 when she became a member of the Amanda Elzy High School’s women’s basketball team. She quickly impressed coaches and teammates with her tenacious defense and smooth shooting. Upon graduation in 1973, Harris-Stewart was honored as a three-time all-conference and all-region player (1971-1973), a two-time all-state recipient (19…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Gretchen Bleiler

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

グレチェン・ブライラーが10歳のとき、彼女は家族とともにコロラド州アスペンへ移り、人生が変わった。アスペンでは、ブライラーの教育の一貫として、絶えず「雪崩危険」警告に従い14,000フィートの山を登る必要があった。そして、これは彼女が最終的にスノーボードを学ぶことにつながった。スノーボードは、彼女の個人的満足感を成し遂げ、恐れを克服させる道へと導いた。彼女は、スノーボードでオリンピックに行くという目標に加え、ハーフパ…

説明・原文抜粋(en)

Gretchen Bleiler’s life changed when she turned 10 and her family moved to Aspen, Colorado. In Aspen they were constantly under “avalanche danger” warnings, as a part of Bleiler’s education she had to climb 14, 000 foot peaks, and this lead her to eventually learn how to snowboard. Snowboarding led her down a path in which she achieved personal satisfaction and made her overcome her…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

夏季五輪の招致にも積極的なカタール。最近では、女性のスポーツ参画も進めている。初めて五輪に参加したカタール人女性のバヒヤ・ハマド選手は、開会式で旗手を務めた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

女性がオリンピックに初めて参加したのは、1900年の第2回パリ大会。IOCの見解によると、当時、16競技60種目が行われ、19ヶ国から1066人(女子12人)の選手が参加した。2012年に行われたロンドンオリンピックでは、初めて全競技で女性種目が実施される初めての大会となった。各国・地域を代表して参加した女性たちの思いも特別なものがある。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター