女性スポーツデータサーチ

女性スポーツカテゴリで絞り込み

help

ソリューションで絞り込み

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:357

出版年/提携団体

help

2012/10/15 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2010年ユースオリンピック(YOG)に出場した選手のうち193人が、2012年ロンドンオリンピックに出場し、25個のメダル(金メダル8個、銀メダル8個、銅メダル9個)を獲得した。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/11 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドンオリンピックのボクシングでは、10日に行われた男子ライト級で、ユースオリンピック(YOG)経験者のEvaldas Petrauskas選手が、リトアニアにボクシングで初のメダルとなる銅メダルをもたらした。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/12 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドンオリンピックでは、11日に行われた競技で、ユースオリンピック(YOG)を経験した3人の選手がメダルを獲得した。  テコンドーの男子58kg級では、コロンビアのOscar Munoz選手が、テコンドーで同国初のメダルとなる、銅メダルを獲得した。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/29 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

世界中から20,020名以上の選手が史上最大のスカッシュの大会に参加し、世界スカッシュ連盟(WSF)のスカッシュを2020年のオリンピック種目採用に向けた運動を後押しする。  大会は10月20日に行われるが、大会当日は世界スカッシュデーと名付けられている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツ経営/競技環境
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/15 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

フランス領ギアナが同地を2016年リオ五輪に向けた事前トレーニングキャンプ地として各国に活用を促す為のプロジェクトを発表した。  ブラジルと国境を接し、北大西洋岸に位置するフランスの海外県であるフランス領ギアナに、各国が同地をリオ五輪に向けた事前合宿の地としてするよう、フランス政府は、同地のスポーツ施設発展させる為の投資を行っている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/競技環境
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/21 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Mwai Kibakiケニア大統領は、2つの金メダルを含む、合計11個のメダルを獲得したロンドン五輪での期待はずれのパフォーマンスに調査を行うことを命じた。  ロンドン五輪での結果は、実際には、ケニアが初めて参加した1956年のメルボルン五輪以降、3番目に良い成績であったが、陸上競技における総合成績で上位3番となった4年前の北京五輪からは、大幅に成績を落としてしまった。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/25 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

アメリカ人アスリートが国際オリンピック委員会(IOC)に対して、オリンピック参加者に大会期間中に非公式スポンサーの宣伝をすることを禁じているRule40の撤廃を求めるキャンペーンを続けている。  ルールの変更を求める活動で最も目立っているのは、ロンドンオリンピックの陸上女子400m及び400m×4リレーで金メダルを獲得した Sanya Richards-Rossと陸上女子400m障害で銀メダルを獲得したLashind…

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/28 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

British Swimmingは、ロンドン五輪で不振に終わり、多くの期待を裏切る結果となってしまった原因調査に外国人エキスパートの力を頼る。  特別パネリストに就任するのは、ドイツ人メダリストのThomas Lurz、更に、ラグビー元アイルランド代表選手で現在ラグビーのイングランドプレミアリーグチャンピオンのHarlequins Rugby Unionのディレクターを務めるConor O`Sheaの2名である。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/11/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際オリンピック委員会(IOC)国際協力・開発ダイレクターのTommy Sithole 氏は27日、アムステルダム(オランダ)で開催された第8回IOCスポーツ・教育・ 文化世界会議の場で、Around the Rings(ATR)に対し、オリンピック・ムーブ メントは、スポーツの教育的原則を全面的に受け入れなければならない、と話した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/社会貢献
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/22 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際オリンピック委員会(IOC)役員会メンバーのNawal El Moutawakel氏は、ニューヨークで行われた国連ミレニアム開発目標(MDGs)サミットで女性の為の教育を支援する意見を述べた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/女性スポーツ全般
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/行動規範、ロールモデル
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター