女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:14

出版年/提携団体

help

2012/9/24 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

9月24日、ムトコスポーツ大臣が『2020年までのロシア連邦体育及びスポーツ発展戦略』並びに2010年から2011年のその成果に関するセミナーを開いた。  「我々は体育及びスポーツに関する状況をある程度安定化させ、スポーツにおける全ての主要な指標を改善した。我が国のスポーツ人口を毎年330万人増やしていく必要がある。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ハイパフォーマンススポーツ・ニュージーランド(HPSNZ)は9月27日、ニュージーランド選手が国際舞台でより活躍できるように計画された、2020年までの強化戦略プランを発表した。HPSNZのAlex Baumanチーフエグゼクティブは、「ニュージーランドのハイパフォーマンスシステムは、長い年月をかけて発展してきた。最近の動きとしては、2010年に政府が大幅な予算増額の発表をし、2011年にHPSNZが発足した。その結…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/23 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2020年オリンピックの競技プログラムに採択されることを目指している、7つのスポーツは国際オリンピック委員会(IOC)指定の各競技を評価する為のイベントにIOCが参加後の今年末に行われる調査を受けることになる。  野球とソフトボールは二つの競技を統合して、単一競技として、オリンピック競技への採用を目指す、一方、空手、ローラースポーツ、スカッシュ、 スポーツクライミング、ウェークボード、武術太極拳もオリンピック競技に採…

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/22 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Triathlon New Zealandは、2016年リオ五輪に向けた準備の手始めに、イギリス人Graeme Mawを新設のポジションであるハイパフォーマンスディレクターに任命した。  Mawは、2001年から2006年にかけて、British Triathlonのハイパフォーマンスディレクターを務めたが、今回の任命は、Triathlon New Zealandのエリートシステムの見直しに続いて行われた。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/6 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際ローラースポーツ連盟(FIRS)は、2020年オリンピック競技採用に向けたIOCの評価対象イベントで、9月7日に始まる世界ローラー スピードスケート選手権のIOCの視察に向けて、準備を進めている。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/4 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際スポーツクライミング連盟(IFSC)のMarco Scolaris会長は、もし、スポーツクライミングが2020年オリンピックプログラムに採用された場合は、1つの種目のみを実施することを確認した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/29 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

世界中から20,020名以上の選手が史上最大のスカッシュの大会に参加し、世界スカッシュ連盟(WSF)のスカッシュを2020年のオリンピック種目採用に向けた運動を後押しする。  大会は10月20日に行われるが、大会当日は世界スカッシュデーと名付けられている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツ経営/競技環境
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
英字題名

Development of a Road Map to Gender Equality in sport to 2020

出版年/提携団体

help

2011 International Working Group on Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

女性の参加を後押しし、支援するためのツール。

説明・原文抜粋(en)

Tools for encouraging and supporting women.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/リーダーシップ/意思決定者・理事(役員)
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/8/31 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際スポーツクライミング連盟は9月12?16日にパリのPalais de Bercyで開催される世界選手権へ向けて準備を進めている。この大会は、2020年オリンピックで正式種目として採用される為に、同スポーツのメリットを評価してもらう重要な大会である。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/11/28 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

アムステルダム(オランダ)で開催された第8回IOCスポーツ・教育・文化世界会議を終え、2020年オリンピック招致を目指す都市は、それぞれの国で若者の参加を促進する新しい方法を探し始めている。同会議には、イスタンブール、マド リード、東京の代表が出席した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/社会貢献
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター