女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:4

出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

政府が13日に発表したスポーツ投資計画の中で、6億9千万レアル(約268億円)は“Bolsa Pódio(メダル手当)”として、オリンピックでメダルを目指す選手へ支給する。受給できるのは、対象となるオリンピック21競技及びパラリンピック15競技で、世界ランキング20位以内の実績を持つ選手200人程度で、月額15,000レアル(約58万円)を上限に選手個人に支給される。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
英字題名

FEI signs the Brighton Declaration on Women and Sport

出版年/提携団体

help

2012 International Working Group on Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

FEI理事長ハヤ王妃、初代副会長ジョン・マキュアン氏、そして2代目副会長パブロ・マヨルガ氏は本日、FEIを代表して女性とスポーツに関するブライトン宣言を正式に採択する協定に署名し、IOCやIPCなど国際的な連盟を含む数々の高名な署名者の仲間入りを果たした。

説明・原文抜粋(en)

FEI President HRH Princess Haya, 1st Vice President John McEwen and 2nd Vice President Pablo Mayorga today signed the agreement for the formal adoption by the FEI of the Brighton Declaration on Women and Sport, joining an impressive list of signatories that include the IOC, IPC and numerous International Federations.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/スポーツ種目
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Lis Hartel / Rusty Kanokogi

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

ハルテルはオリンピックの馬術競技において男性のバリアを突破した。 ラスティ・カノコギは、女性柔道の世界的先駆者である。彼女は、1962年に東京の講道館のメイン道場で訓練を受けるために招待された初の女性であった。

説明・原文抜粋(en)

Hartel stormed through the male barrier in Olympic equestrian events. Rusty Kanokogi is truly a trailblazer in the world of women's judo. She became the first woman ever invited to train in the main dojo of the Kodokan in Tokyo in 1962.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/8/21 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

記憶に残るシーンを残してくれたものの、ロンドンオリンピックにおけるカナダの全体的なパフォーマンスは芳しくなかった。2008年北京オリンピックと比べて、総メダルランキングでは同数であったものの、金メダルと銀メダルの数では下回り、総メダル数でトップ12という目標にも遠く及ばなかった。しかしながら、ロンドンオリンピックで世界のトップ3入り、メダルを獲得したカナダ選手の功績が色あせることはない。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター