女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:24

英字題名

Women in paralympic sport

出版年/提携団体

help

2011 International Working Group on Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

パラリンピック・ムーブメントにおける女性の低参加に対処するため、IPCは2002年にIPC女性スポーツ委員会を設立した。

説明・原文抜粋(en)

In response to the low participation of women within the Paralympic Movement the IPC formed the IPC Women in Sport Committee (WISC) in 2002.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/リーダーシップ/意思決定者・理事(役員)
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/その他
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

たとえ障害を負ったとしても、スポーツを通じ、再び生きる意欲を持つ。パラリンピックはその最大の祭典といえるだろう。ロンドンパラリンピックで多くのメダル獲得を意気込む日本勢は、17の競技に135人が参加。この日本の障害者スポーツの原点には、ひとりの日本人医者の努力があった。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

東京都では、障害のある人もない人も、だれもがスポーツに親しむ「スポーツ都市東京」を目指している。事業の開始時期を、平成23年度、短期(平成24~25年度)、中期(平成26~28年度)、長期(平成29~32年度)の4つの時期に分け、着実に実施する。「障害者スポーツを広め、障害のある人に対するスポーツ活動の円滑な導入を促進」、「障害のある人が地域でスポーツ活動を継続できる環境を整備」、「障害者スポーツへの取組体制を強化」…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
-行政・教育・企業/行政
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

障害者スポーツ最大のイベント、パラリンピック。1964年の東京パラリンピックで注目を集め、1998年の長野パラリンピックでは、社会的な認知と理解が飛躍した。日本障害者スポーツ協会には、今や準登録を含めて54団体が登録されている。競技人口や競技団体も増加傾向にある。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
提携団体

help

笹川スポーツ財団
説明・原文抜粋(jp)

本調査は、障害者のためのスポーツ施設の現況を把握することによって、スポーツ政策立案のための基礎資料とすることを目的とした。

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/行政
-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/文部科学省
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

障害者スポーツ最大の祭典であるパラリンピック。2012年8月29日から9月9日までの12日間、その発祥の地であるロンドンで開催された。パラリンピックの契機となったのは、1988年のソウル大会。それまでは五輪とは異なる都市で開かれていた。ソウル大会から24年。6大会を経てはじめて、ロゴマークが統一され、五輪と同じ施設を使う競技も多い。日本からは135人が17競技に出場した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

開催国の英国は、障害者スポーツのプロリーグを持つ競技もあり、選手の名前や顔は市民に浸透している。障害者スポーツ文化ともいえる土壌が育っているロンドンで戦える環境は、選手のモチベーションアップにもつながっていく。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

バーレーンのマナマでは、第1回Bahrain Women`s Gamesが現在開催されている。同大会は、バーレーンオリンピック委員会(BOC)との連携の下に女性最高評議会(Supreme Council for Women:SCW)によって企画されている。開会式には、Shaikha Maryam bint Hassan Al Khalifa SCW副会長が出席した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/女性スポーツ全般
キーワード(jp)
提携団体

help

笹川スポーツ財団
説明・原文抜粋(jp)

ここでは主にイングランドにおけるスポーツ動向について報告する。イングランドは近代スポーツの発祥地であるというプライドがイングランドのナショナリズムとして強く定着している。1960年代以降、西欧・北欧の福祉国家を中心にスポーツ・フォー・オール(生涯スポーツ)が展開された。また、アマチュアリズムの発祥地でもあり、政府のスポーツへの介在を控える傾向が強く、スポーツ・フォー・オールへの参入が遅れたが、1970年代以降になって…

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/海外
キーワード(jp)
提携団体

help

笹川スポーツ財団
説明・原文抜粋(jp)

フランスは、世界のスポーツおよびスポーツ政策をリードしている国の1つであるといえる。フランスのスポーツ政策は、1936年の余暇組織・スポーツ庁の設置など第2次世界大戦以前からその制度構築が考えられてきた。1958年に第五共和制となり行政の権限が強化され、スポーツへの政治的国民的関心が高まると、1963年に青少年、スポーツ庁が、1966年に青少年、スポーツ省が設置された。フランスのスポーツ政策は、スポーツ担当省を中心に…

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/海外
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター