女性スポーツデータサーチ

ソリューションで絞り込み

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:48

英字題名

Mothers in Motion "Promising or Best in Physical Activity Programming for Women of Low Socioeconomic Status

提携団体

help

Canadian Association for Advancement of Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

身体活動プログラムやサービスの名称は?簡潔に、それがどのような内容であるのか答えよ。プログラムへの評価は行われたか?そのプログラム、サービスが典型的だと思う理由は?プログラム運営者の連絡先と情報は?

説明・原文抜粋(en)

Name of physical activity program/service, Brief description of the program/servcie, Was a program evaluation conducted?, Reason you think the program/service is exemplary, Program contact name and information

カテゴリ

help

-ウエルネス(健康・幸福)/身体活動・運動・エクササイズ
-ウエルネス(健康・幸福)/健康/栄養
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/8/12 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

COBは、2016年リオ五輪ではメダル獲得数10位という目標を掲げており、今大会で特定競技の強化に成功した国を例にあげ(重量挙げのイラ ン、カザフスタン、北朝鮮、カヌーのハンガリー、陸上短距離のジャマイカ)、ブラジルは個人競技への投資を拡大しメダル獲得数を増やす必要がある とし、その牽引として柔道、ビーチバレーに期待している。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/15 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

近年のオリンピックにおいて、開催する国や都市が、オリンピック開催によって築いたオリンピック・レガシーを、いかに次世代に継承するかが重要な課題となっている。2012年、世界で初めて3度目のオリンピックを開催したロンドンが示したのは、国際啓発プログラムだった。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/社会貢献
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年に開催されたロンドンオリンピックは、世界各地でオリンピックの価値や影響力を見せた。その一つに、アメリカに次ぐ世界第2位のメダル獲得数となった中国において、メダルの獲得にとどまらず、国民のスポーツ観に影響を及ぼしていることがこのほどの調査で明らかになった。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/調査・研究
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/その他
キーワード(jp)
英字題名

Donna De Varona

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

彼女は13歳の時、1960年のオリンピック水泳チームの最年少メンバーであり、その年の初めに400メートル個人メドレーにて世界記録を樹立した。

説明・原文抜粋(en)

At the age 13 she was the youngest member of the 1960 Olympic swim team and she set her first world record in the 400-meter individual medley earlier that year.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Nancy Hogshead-Makar

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

大きなチャンスがナンシー・ホグスヘッドに来たとき、彼女は準備ができていた。しかし、彼女には1984年のオリンピックの最多勝利のスイマーから退くという考えがなかった。 14才の時、彼女が200メートル・バタフライにおいて最初に世界1位にランクされたとき、ホグスヘッドは水泳頂点にすでに到達した。それは、1977年の国際競技会でアメリカ人でたった一人世界1位の水泳選手になった。その同じ年、彼女はネーサンMallison賞(…

説明・原文抜粋(en)

Nancy Hogshead-Makar was ready when her big chance came, but she had no idea that she would walk away the winningest swimmer of the 1984 Olympic Games. At the age of 14, Hogshead-Makar already had reached a swimming pinnacle when she was ranked first in the world in the 200m butterfly, making her the only American swimmer to be No.1 in international competition in 1977. That sam…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Nancy Hogshead-Maker

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

ナンシー・ホグスヘッド教授は、スポーツ参加、セクシュアルハラスメント、雇用、妊娠、1972年の教育修正条項のタイトルナインに基づく法的施行を含む、教育における男女公平の主唱者の1人である。アンドリュー・ジンバリストとの共同執筆である彼女の本「平等な取扱い、タイトルナインと社会的な変化」は、テンプル大学プレスによってリリースされ、称賛を受けている。

説明・原文抜粋(en)

Professor Hogshead-Makar is one of the foremost exponents of gender equity in education, including sports participation, sexual harassment, employment, pregnancy, and legal enforcement under Title IX of the Education Amendments of 1972. Her book, co-authored with Andrew Zimbalist, EQUAL PLAY, TITLE IX AND SOCIAL CHANGE, has received acclaim since its release by Temple University Pre…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Women’s Sports Top 10 Memorable Moments of the 20th Century

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

1。19人の女性が初めてのパリオリンピックゲームでの女性アスリートとしてデビューした。(1990) 2。女性は初めてオリンピックで水泳をすることをゆるされる。オーストラリア人のファニーデュラク-長い羊毛の水泳着とスカートを来て-100メートルフリースタイルで最初のオリンピック優勝者になった。衝撃てきなことは、彼女のタイムは男性の優勝者とおなじであったことだ。(1912)

説明・原文抜粋(en)

1. Nineteen women debut as the first female competitors at the Paris Olympic Games. (1900) 2. Women are first allowed to swim in the Olympics. Australian Fanny Durack - wearing a long woolen swimsuit with a skirt - wins the 100m freestyle to become the first female champion in the Games; impressively, her time was the same as the men’s winner. (1912)

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Donna de Varona

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

デ・バローナは、ちょうど13才で1960年のオリンピックに出場した最年少スイマーであった。彼女は、400メートル個人メドレー、400メートル自由形リレーのメンバーとして金メダルを獲得し、彼女の水泳経歴を通して、18の水泳記録を樹立した。1964年のオリンピック直後の引退後、彼女のオリンピックでの成功にも関わらず、その当時、大学奨学金が女性アスリートに利用できなかったため、大学奨学金を得ることができなかった。女性アスリ…

説明・原文抜粋(en)

De Varona was the youngest swimmer to compete in the 1960 Olympics at just 13 years old. During the following Olympic Games Donna earned gold medals in the 400 meter individual medley and as a member of the 400 meter freestyle relay. Throughout her swimming career, de Varona set 18 swimming records. She retired shortly after the 1964 Olympics. Although her Olympic success de Varona…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Amanda Beard

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

アマンダ・ビアードは、オリンピック選手4回、オリンピックのメダリスト7回、世界選手権大会メダリスト3回、パンパシフィック選手権大会メダリスト6回、全国チャンピオン8回を獲得した。

説明・原文抜粋(en)

Four-time Olympian, Seven-time Olympic medalist, Three-time World Championships medalist, Six-time Pan Pacific Championships medalist, Eight-time National Champion,

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター