女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:17

出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

2011年のFIFA女子ワールドカップドイツ2011の優勝に引き続き、ロンドン五輪で銀メダルを獲得した「なでしこジャパン」。彼女たちの活躍に日本中が祝賀ムードに沸いた。女子サッカーに注目が集まる中、その競技環境も変化を見せている。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-行政・教育・企業/学校教育/学校(小中高)スポーツ
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年度全国中学校体育連盟へ加盟している女子のサッカー加盟校数は743校、加盟生徒数は4,691人である(2011年度は668校、3,946人)。また、全国高等学校体育連盟の加盟状況は150校、684人となっており、中学校期から高校期において加盟校数並びに生徒数が激減する。これは、高校においての女子サッカーの環境整備が遅れているからだと考えられる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-行政・教育・企業/学校教育/学校(小中高)スポーツ
-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

なでしこジャパンのFIFA女子ワールドカップドイツ2011の初優勝を機に、女子サッカーに対する世の中の関心は高まった一方で、選手の競技環境や若い世代の育成など課題は多く残る。選手・クラブへの継続的な支援が続くための体制づくりを、欧州女子サッカーの現場からヒントを得ることができる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

2012年4月、日本サッカー協会が「なでしこジャパン」のFIFA女子ワールドカップドイツ2011の優勝を後押しに、女子中学生を対象としたエリート養成プログラム「JFAアカデミー堺」を開校した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-行政・教育・企業/学校教育/学校(小中高)スポーツ
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

世界中の人々を魅了するサッカーを展開した、なでしこジャパン。特に2011年に行われた女子サッカーワールドカップドイツ大会での優勝は記憶に新しい。 日本代表であり、世界一の彼女たちの競技環境は、リーグ選手と比較すると非常に低い水準であることが明らかとなっており、海外の女子サッカー環境と比較するとその差はさらに大きいといわれている。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-行政・教育・企業/学校教育/学校(小中高)スポーツ
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

2011年3月、未曽有の被害をもたらした東日本大震災は、世界全体体に影響を与え、国際社会とのつながりも浮き彫りにした。国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長からは、早々にお見舞いのファックスが日本オリンピック委員会(JOC)に届いたという。 そのような状況下で、“スポーツを通じて子どもたちに勇気と希望を与えたい”と被災地を訪問したスポーツ選手も多く、国際サッカー連盟コンサルタントのモニカ・シュターブ氏(53歳)…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-ニュース/その他
キーワード(jp)
英字題名

Kenya: Girls’ football tournament tackles gender-based violence

出版年/提携団体

help

2012 International Working Group on Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

2011年12月10日に、Vijana Amani Pamoja(VAP)は、初のMiss Mrembo女子サッカートーナメントを主催した。このトーナメントはスワヒリ語で「自信」という意味の単語「Kujiamini」をテーマに企画された。

説明・原文抜粋(en)

On December 10, 2011, the Vijana Amani Pamoja (VAP) organization hosted the first Miss Mrembo girls’ soccer tournament. The tournament was organized under the theme of Kujiamini a Swahili word for self confidence.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-行政・教育・企業/その他
-スポーツ経営/競技環境
-ウエルネス(健康・幸福)/感情・心理
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/8/12 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

COBは、2016年リオ五輪ではメダル獲得数10位という目標を掲げており、今大会で特定競技の強化に成功した国を例にあげ(重量挙げのイラ ン、カザフスタン、北朝鮮、カヌーのハンガリー、陸上短距離のジャマイカ)、ブラジルは個人競技への投資を拡大しメダル獲得数を増やす必要がある とし、その牽引として柔道、ビーチバレーに期待している。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2011/4/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

女子サッカーに対しては様々な通説と偏見があり、女性選手の健康に関する危険 と効果に関しても様々な意見が聞かれる。しかしながら、殆どの研究データは男 性選手を対象としたもので、女性選手を対象とした客観的なデータは希少であ る。そのため、女子サッカーに対する科学的な提案の多くは男性選手を対象とし た研究結果に基づいており、必ずしも適切な内容であるとは言い難い。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/調査・研究
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/女性スポーツ全般
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/医科学サポート
キーワード(jp)
英字題名

Smoking Butts: Julie Foudy on Tobacco UseSoccer, Three-time Olympian, two-time World Cup Champion, former Women's Sports Foundation President

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

5年生の時、友達の一人が、タバコを吸おうとして父親のパイプを借りてきた。その中にタバコを詰めて、パイプから吸ってみた。私たちは、実験していたのだった。私たちは、タバコを吸うことがすごくカッコいいと思っていた。友達からカッコいい子と思われたかった。特に自分が弱虫だとは思われたくなかった。だから、その子からタバコを吸おうと誘われた時、怖がってなんかいられなかった。

説明・原文抜粋(en)

When I was in the fifth grade, a friend of mine wanted to try smoking, so she borrowed her dad's pipe. We put some tobacco in it and tried smoking it out of the pipe. We were experimenting. We thought it would be so cool to smoke. I wanted so much to look cool with my friends. I especially didn't want this friend to think that I was chicken - so I couldn't be afraid when she asked m…

カテゴリ

help

-ウエルネス(健康・幸福)/健康/タバコ・アルコール・薬物
キーワード(jp)
キーワード(en)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター