女性スポーツデータサーチ

女性スポーツカテゴリで絞り込み

help

ソリューションで絞り込み

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:67

出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年ロンドンオリンピックでは、新たに大きく3つの動きがあった。1つ目は、女性の進出。2つ目に、ソーシャルネットワークやインターネットメディアを通じた情報発信。3つ目に、ドーピング検査の徹底。これらの事実について、データとともに振り返る。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/ドーピング
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/メディア
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
英字題名

Gender equality and the London 2012 Olympic Games

出版年/提携団体

help

2012 International Working Group on Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

今年のロンドンオリンピックは、オリンピック史上最も男女平等な大会であったと称賛されており、女性参加の拡大とスポーツ規則の平等化といった男女平等に関する重要な成果あげている。

説明・原文抜粋(en)

This year’s Olympic Games in London are heralded as the most gender equal in Olympic history and mark some significant achievements in terms of gender equality such as increases in women’s participation and parity of sport disciplines.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツ経営/メディア
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

1896年に近代オリンピックが始まって116年が経った。2012年ロンドンオリンピックは、これまで女子の五輪代表を認めていなかったカタール、サウジアラビア、ブルネイからも女子代表選手が参加し、204ヵ国・地域のすべての参加国から女子選手が参加した歴史的な大会となった。  また、このロンドンオリンピックでは、ボクシングが女子種目に採用され、初めて全競技で女子選手の参加が可能となった。出場選手数においても女子は近年増加傾…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/女性スポーツ全般
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年に開催されたロンドンオリンピックは、世界各地でオリンピックの価値や影響力を見せた。その一つに、アメリカに次ぐ世界第2位のメダル獲得数となった中国において、メダルの獲得にとどまらず、国民のスポーツ観に影響を及ぼしていることがこのほどの調査で明らかになった。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/調査・研究
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/その他
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年のロンドンオリンピック終了後、文部科学省は2012年9月に「ロンドンオリンピックにおける選手育成・強化・支援等に関する検証チーム」を設置し、2012年11月に報告書を発表している。このなかで、国がロンドンオリンピックにおいて取り組んだ、①国立スポーツ科学センター、②ナショナルトレーニングセンター、③マルチサポート事業の3事業を競技結果から分析し、成果と課題を挙げている。

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/行政
-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/文部科学省
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/医科学サポート
-トレーニング/ストレングス・コンディショニング
-トレーニング/スポーツ栄養学
-トレーニング/研究開発
-スポーツ経営/競技環境
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドン五輪で、ブラジルはCOBの掲げたメダル目標15個は達成したものの、スポーツ省は過去4年間のスポーツ支援策からすればメダル20個 は妥当との見方をしていたため、Aldo Rebeloスポーツ大臣は今大会の結果は不十分だとしている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/21 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Mwai Kibakiケニア大統領は、2つの金メダルを含む、合計11個のメダルを獲得したロンドン五輪での期待はずれのパフォーマンスに調査を行うことを命じた。  ロンドン五輪での結果は、実際には、ケニアが初めて参加した1956年のメルボルン五輪以降、3番目に良い成績であったが、陸上競技における総合成績で上位3番となった4年前の北京五輪からは、大幅に成績を落としてしまった。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Swimmign Australiaはロンドンオリンピックにおける失望的な結果の総括を行うと発表した。総括に伴い、チームの士気を減退させたオリンピック前にあった悪戯行為について、徹底調査をし、責任を問う。 オーストラリア競泳チームは、ロンドンで金メダル1個、銀メダル6個、銅メダル3個と1992年バルセロナオリンピック以来、最悪の結果に苦しんだ。ロンドンは、1976年モントリオールオリンピック以来、初めて個人種目での金…

カテゴリ

help

-ニュース/競技結果
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/15 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2010年ユースオリンピック(YOG)に出場した選手のうち193人が、2012年ロンドンオリンピックに出場し、25個のメダル(金メダル8個、銀メダル8個、銅メダル9個)を獲得した。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

アーチェリーやバトミントンなど、これまで表向きではなかった“マイナースポーツ”という存在であった競技が、ロンドンオリンピックでのメダル獲得に加え、競技寿命の長さ、入口の広さから人気となっている。初心者向け教室の開催や、メダリストと同じモデルのグッズを戦略的に売り出すなど、各協会やスポーツ産業としても、拡大への試みがみられる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター