女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:8

出版年/提携団体

help

2012/8/12 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

COBは、2016年リオ五輪ではメダル獲得数10位という目標を掲げており、今大会で特定競技の強化に成功した国を例にあげ(重量挙げのイラ ン、カザフスタン、北朝鮮、カヌーのハンガリー、陸上短距離のジャマイカ)、ブラジルは個人競技への投資を拡大しメダル獲得数を増やす必要がある とし、その牽引として柔道、ビーチバレーに期待している。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

2012年ロンドンオリンピックから外された野球とソフトボール。日本にとってはメダルが期待できる競技でもあるが、2016年リオデジャネイロオリンピックでの復活種目として検討されながら落選した。その一方でゴルフは1904年の大会以来、実に112年ぶりの復活となる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/15 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

フランス領ギアナが同地を2016年リオ五輪に向けた事前トレーニングキャンプ地として各国に活用を促す為のプロジェクトを発表した。  ブラジルと国境を接し、北大西洋岸に位置するフランスの海外県であるフランス領ギアナに、各国が同地をリオ五輪に向けた事前合宿の地としてするよう、フランス政府は、同地のスポーツ施設発展させる為の投資を行っている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/競技環境
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/22 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Triathlon New Zealandは、2016年リオ五輪に向けた準備の手始めに、イギリス人Graeme Mawを新設のポジションであるハイパフォーマンスディレクターに任命した。  Mawは、2001年から2006年にかけて、British Triathlonのハイパフォーマンスディレクターを務めたが、今回の任命は、Triathlon New Zealandのエリートシステムの見直しに続いて行われた。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Aldo Rebeloスポーツ大臣は、2016年リオ五輪でブラジルはメダル獲得数世界10位以内を目標に掲げ、そのためには今大会3個だった金メダル数を7個に引き上げ、強化策として選手個人への支援金“Bolsa Ouro(金メダル支援金)”を支給する構想を明らかにした。各競技において世界ランキング20位以内の選手に受給権利があり、競技団体やCOBを介さず、月額5,000レアル(約19万7千円)?15,000レアル(約59…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ブラジルハンドボール界の次代を担う選手の発掘のため、Morten Soubakブラジル女子代表監督及びJordi Ribera男子代表監督が、ミナスジェライス州Poços de Caldas市で開催中の学校オリンピック(COBが主催)を視察、12-14才のカテゴリーを中心に試合を観戦した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/26 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

アスレチック オーストラリアが、3個のメダル獲得に終わったロンドン五輪での結果を受けて、リストラ計画を発表した。計画では、エリックホリングスワーフがロンドン五輪で担った役割を分割し、新設ポジションのハイパフォーマンスディレクターに対する報告義務のあるヘッドコーチに就任する。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年のロンドンオリンピック終了後、文部科学省は2012年9月に「ロンドンオリンピックにおける選手育成・強化・支援等に関する検証チーム」を設置し、2012年11月に報告書を発表している。このなかで、国がロンドンオリンピックにおいて取り組んだ、①国立スポーツ科学センター、②ナショナルトレーニングセンター、③マルチサポート事業の3事業を競技結果から分析し、成果と課題を挙げている。

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/行政
-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/文部科学省
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/医科学サポート
-トレーニング/ストレングス・コンディショニング
-トレーニング/スポーツ栄養学
-トレーニング/研究開発
-スポーツ経営/競技環境
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター