女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:13

出版年/提携団体

help

2012/11/5 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ブラジル柔道連盟(CBJ)は、日本人女子柔道家の中野裕子氏をコーチに迎え、11月6-8日、ジュニアを中心とした30人のブラジル代表選手に技術指導を行う。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ブラジルハンドボール界の次代を担う選手の発掘のため、Morten Soubakブラジル女子代表監督及びJordi Ribera男子代表監督が、ミナスジェライス州Poços de Caldas市で開催中の学校オリンピック(COBが主催)を視察、12-14才のカテゴリーを中心に試合を観戦した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/12 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

COBは、2016年リオ五輪ではメダル獲得数10位という目標を掲げており、今大会で特定競技の強化に成功した国を例にあげ(重量挙げのイラ ン、カザフスタン、北朝鮮、カヌーのハンガリー、陸上短距離のジャマイカ)、ブラジルは個人競技への投資を拡大しメダル獲得数を増やす必要がある とし、その牽引として柔道、ビーチバレーに期待している。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/2 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

COBは、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の協力の下、国内で主催する「学校オリンピック」において15-17才の若いアスリートへのアンチ・ドーピング教育を行っている。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/ドーピング
-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドン五輪で、ブラジルはCOBの掲げたメダル目標15個は達成したものの、スポーツ省は過去4年間のスポーツ支援策からすればメダル20個 は妥当との見方をしていたため、Aldo Rebeloスポーツ大臣は今大会の結果は不十分だとしている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ブラジル政府は、2016年に地元リオデジャネイロで行われるオリンピック/パラリンピックに出場するブラジルチームのために10億ドル以上を投資する意向を示した。  今回の予算に関する発表は、ブラジリアで行われた公式なパーティーの席でDilma Rousseff大統領によって発せられたものである。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2013年1月から政府の新たなアスリート支援“Bolsa Pódio(メダル手当)”が開始されるが、現行の“Bosla Atleta(アスリート手当)”制度は継続される。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/13 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ブラジル政府は13日、2016年自国開催オリンピックに向け、スポーツ投資計画を発表した。政府は2013年から2016年まで25億レアル(約970億円)の投資予定で、そのうち15億レアル(約582億円)は高度化スポーツへ、10億レアル(約388億円)は“Projeto Brasil Medalha 2016”(2016ブラジルメダルプロジェクト)と銘打つオリンピック(パラリンピックも含む)でメダルを獲得するための強化予…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Aldo Rebeloスポーツ大臣は、2016年リオ五輪でブラジルはメダル獲得数世界10位以内を目標に掲げ、そのためには今大会3個だった金メダル数を7個に引き上げ、強化策として選手個人への支援金“Bolsa Ouro(金メダル支援金)”を支給する構想を明らかにした。各競技において世界ランキング20位以内の選手に受給権利があり、競技団体やCOBを介さず、月額5,000レアル(約19万7千円)?15,000レアル(約59…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/19 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2016年のオリンピック開催に向け、ブラジルはIOC及び世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が求める水準のドーピング検査施設を設立することが急務となっている。ブラジル政府は10か月前にブラジル・ドーピングコントロール機関を設置したが、規定等の整備を迅速化するため、近く大統領暫定措置令を発令する予定だ。国内の既存のドーピング検査施設ではオリンピックには対応しきれないため、最新の施設が設立される予定だ。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/ドーピング
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター