女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:7

英字題名

What It Takes To Win: Perspectives from Vancouver 2010Inspirational stories of women coaches and athletes from the 2010 Olympic and Paralympic Winter Games

出版年/提携団体

help

2010/7 Coaching Association of Canada
説明・原文抜粋(jp)

女性コーチのためのカナダディアン・ジャーナル2010年7月vol 10 No.3 2010年のオリンピック冬季大会とパラリンピック冬季大会から女性コーチと選手の心に強く訴えるような話 全ての主要種目の後、事後分析は必然的に獲得に焦点が当てられる。メダルを逃したものも等しい興味を向けられる。チームカナダにとって、2010年オリンピック、パラリンピック大会は開催国という巨大な成功へのプレッシャーを意味して行われた。私…

説明・原文抜粋(en)

Canadian Journal for Women in Coaching Journal July 2010 Vol 10 No 3 Inspirational stories of women coaches and athletes from the 2010 Olympic and Paralympic Winter Games. In the aftermath of every major sporting event, post-mortems inevitably focus on medals won. Of equal interest are the ones that got away. For Team Canada, the 2010 Olympic and Paralympic Games being staged at …

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/コーチング
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/8/21 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

記憶に残るシーンを残してくれたものの、ロンドンオリンピックにおけるカナダの全体的なパフォーマンスは芳しくなかった。2008年北京オリンピックと比べて、総メダルランキングでは同数であったものの、金メダルと銀メダルの数では下回り、総メダル数でトップ12という目標にも遠く及ばなかった。しかしながら、ロンドンオリンピックで世界のトップ3入り、メダルを獲得したカナダ選手の功績が色あせることはない。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/7/24 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Own the Podium(OTP)の助成による睡眠に関する研究プロジェクトを統括するCharles Samuels医師は、アスリートの睡眠に関する習慣を変えることに取り組んでいる。2010年バンクーバーオリンピックを目指して、6年前にこのプロジェクトが発足して以来、Samuels医師のチームは大きな成功を収めている。

カテゴリ

help

-トレーニング/スポーツ医科学
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/医科学サポート
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

「ジャパン・コンソーシアム(JC)」は、高騰する放映権や現地スタッフ不足を補完する目的でNHKと民放連により作られた組織。2012年ロンドンオリンピックと2010年バンクーバーオリンピックを合わせた放映権料は、実に325億円にものぼった。放映権料が跳ね上がる一方、企業CMを主とする広告収入の伸び悩みに民放は頭を抱える。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ・マーケティング
-スポーツ経営/メディア
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
英字題名

2010 PRIDE house Legacy Report

出版年/提携団体

help

2010 Canadian Association for Advancement of Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

2010年バンクーバーオリンピック・パラリンピック開催期間中、バンクーバーとウィスラーのプライド・ハウス・パビリオンで初の、LGBT(レスビアン、ゲイ、両性愛者、同性愛者)の歓迎スペースが提供された。これらのスペースは、スポーツの世界における多様性を認め、依然、同性愛嫌悪を減らす必要があるという認識を高めるためであり、LGBTのコミュニティと支持者がまとまる結果となった。

説明・原文抜粋(en)

For the first time ever, PRIDE house pavilions in Vancouver and Whistler provided a welcoming space during the 2010 Olympic and Paralymic Games for the lesbian, gay, bi‐sexual. These spaces brought the LGBT community and allies together to celebrate diversity and the achievements of their favourite Olympic and Paralympic athletes while raising awareness about the important work that…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/ホモフォビア(同性愛嫌悪)
キーワード(jp)
キーワード(en)
提携団体

help

笹川スポーツ財団
説明・原文抜粋(jp)

ドイツはスポーツ競技力においても優れ、スポーツ大国として知られている。近年では、ドイツは2008年北京オリンピック夏季大会において41のメダルを、2010年バンクーバーオリンピック冬季大会においては30のメダルを獲得している。 ドイツ連邦政府では、主に連邦内務省がスポーツ政策を担当しているが、外務省、連邦国防省などにも連邦政府予算が計上され、スポーツの普及発展にかかわっている。ドイツでは総合的な内容をもつスポーツの…

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/海外
キーワード(jp)
提携団体

help

笹川スポーツ財団
説明・原文抜粋(jp)

2010年バンクーバーオリンピック・パラリンピックの成功(競技成績、運営面)により、カナダのスポーツ政策に注目が集まるようになったが、以前から官民ともに先駆的・先進的なスポーツプログラムを打ち出してきていることはあまり知られていない。たとえば、1970年代に設立された「パティシパクション(ParticipACTION)」は、今では国際的なプログラムへと継承されている。また「カナダスポーツ情報センター(Sport In…

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/海外
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター