女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:3

出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

夏季五輪の招致にも積極的なカタール。最近では、女性のスポーツ参画も進めている。初めて五輪に参加したカタール人女性のバヒヤ・ハマド選手は、開会式で旗手を務めた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

女性がオリンピックに初めて参加したのは、1900年の第2回パリ大会。IOCの見解によると、当時、16競技60種目が行われ、19ヶ国から1066人(女子12人)の選手が参加した。2012年に行われたロンドンオリンピックでは、初めて全競技で女性種目が実施される初めての大会となった。各国・地域を代表して参加した女性たちの思いも特別なものがある。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

宗教と社会が切り離せないように、スポーツも宗教と密接な関わりを持つ。宗教上の理由から、女性のスポーツ参加が禁じられている国が存在する。スポーツへの女性参加を推進してきたIOCでは、長年の働きかけにより、ついに2012年のロンドン五輪で、全ての参加国・地域からの女性の出場と、全競技で女性が参加するという歴史的な大会を実現させた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/人権
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター