女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:14

出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ブラジルハンドボール界の次代を担う選手の発掘のため、Morten Soubakブラジル女子代表監督及びJordi Ribera男子代表監督が、ミナスジェライス州Poços de Caldas市で開催中の学校オリンピック(COBが主催)を視察、12-14才のカテゴリーを中心に試合を観戦した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/24 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドンパラリンピックで大成功を収めたイギリス陸上競技連盟(UKA)では、パラリンピック競技における次世代のタレント発掘を始めている。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/8 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

オーストラリアは、「オリンピックでメダルが有望な世代の可能性を摘み」、タレント発掘に対して一石を投じた。Jason Gulbin氏は、このロンドンでの失敗が、長期間にわたって軽視され続けてきたプログラムの方向転換になることを期待している。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

タレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)は、2004年に福岡県で発足し、現在は全国12カ所に拡大している。きっかけとして、2000年に文部科学省が策定した「スポーツ振興基本計画」の目標として「オリンピックにおけるメダル獲得率の3.5%」が明示されたことにある。2012年、タレント発掘事業が開始してから8年が経過し、戦略的な選手育成が、実を結びはじめている。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

タレント発掘・育成事業は、各地方自治体や競技団体を中心に実施されており、JOC(日本オリンピック委員会)やNTC(ナショナルトレーニングセンター)が支援を行っている。ジュニア期からのトップアスリート育成を目指したもので、2004年から実施されている福岡県タレント発掘事業などが有名である。ジュニア期からさまざまな競技に触れ、適性を見極めて競技を選択する場合や、種目を週種目に限定して実施している地方自治体もある。効果も聞…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2004年に福岡県から始まったタレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)。スポーツ振興基本計画の目標である、「オリンピックにおけるメダル獲得率3.5%」達成のための具体策である。これまでの概念を覆すような特徴のひとつに、積極的な「転向」を推奨していることがあげられる。目標を「世界」へと設定したこの事業は、単純に素質のある選手の育成だけではなく、個人の適性の見極…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

部活動は、基本的に単一種目を集中的に行う。それに比べてタレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)では、あらゆる種目を経験させ、個人の適性を見抜く。競技の転向にも積極的だ。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/25 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

インドネシアオリンピック委員会(NOC)は9月24日、ジャカルタにあるオーストラリア大使館にて、タレント発掘セミナーを開催した。今回のセミナーでは、Australian Institute of Sportのタレント発掘部門長であるJason Gulbin博士によるプレゼンテーションが行われた。セミナーは以下の2つのパートで構成された。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

日本のスポーツ選手強化において、近年ではタレント発掘育成事業が盛んに行われている一方で、学校部活動における選手強化は古くから重要な資源である。日本では、ジュニア期(小学校から高校)には学校の指導者、トップレベルの競技者には大学や企業の指導者が中心となって指導するといった体制が一般的である。 しかし、このような指導体制では、競技者の将来を見据えた指導がなされず、各学校期において指導方針が変わり、トップレベルの競技者を…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/25 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

オリンピックで2個の金メダルを獲得したKieren Perkins氏とコモンウェルスゲームズの出場経験を持ちビジネスコンサルタントとして活躍するTim Ford氏、オリンピックで8個のメダルを獲得したPetria Thomas氏がオーストラリアスポーツ研究所(AIS)のMatt Favier氏と共に、Warwick Smith氏が議長を務めるオールトラリア競泳の外部評価委員会に加わることが、9月25日に発表された。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
類義語を用いた検索では77件ヒットします。類義語検索しますか?
類義語: 育成、 タレント発掘
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター