女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:7

出版年/提携団体

help

2012/10/19 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

オーストラリアセーリング協会(Yachting Australia)では、ロンドンオリン ピック/パラリンピックにおける同国選手の活躍を受け、競技人口拡大を狙う 「ディスカバー・セーリングプログラム」を19日に立ち上げた。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/14 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

政府が13日に発表したスポーツ投資計画の中で、6億9千万レアル(約268億円)は“Bolsa Pódio(メダル手当)”として、オリンピックでメダルを目指す選手へ支給する。受給できるのは、対象となるオリンピック21競技及びパラリンピック15競技で、世界ランキング20位以内の実績を持つ選手200人程度で、月額15,000レアル(約58万円)を上限に選手個人に支給される。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/助成、奨学金、スポンサー
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2004年に福岡県から始まったタレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)。スポーツ振興基本計画の目標である、「オリンピックにおけるメダル獲得率3.5%」達成のための具体策である。これまでの概念を覆すような特徴のひとつに、積極的な「転向」を推奨していることがあげられる。目標を「世界」へと設定したこの事業は、単純に素質のある選手の育成だけではなく、個人の適性の見極…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
英字題名

Dawn Riley

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

ドーン・ライリーは、世界的に有名なセーラーである。セーリングに対するライリーの情熱は、若い年齢からであった。ドーンが13歳の時、彼女は両親と一緒に、カリブ海、デトロイトからニューヨークまでを航海した。1992年、ライリーは、アメリカのヨットクラブで航海する初の女性となった。1989年には、ライリーはホワイトブレッド世界一周レース初めて参加し、このレースは32,000マイルをカバーし、6本の足で地球を周航した。また、米…

説明・原文抜粋(en)

Dawn Riley is a world- renowned sailor. Riley’s passion for sailing began at a young age. When Dawn was thirteen she joined her parents as they sailed from Detroit to New York and then on to the Caribbean. In 1992 Riley became the first woman to be involved in sailing an America’s Yacht Club. In 1989 aboard Maiden Riley had her first experience with a Whitebread Round- the- World R…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Tales of Transition: From Star Athlete to Career Coach

出版年/提携団体

help

2003/4 Coaching Association of Canada
説明・原文抜粋(jp)

カナディアン・ジャーナル・フォア・ウィメン・イン・コーチング 2003年4月vol.3 NO.4 スポーツ界のカナダの女性が一同に会するとき、話はしばしば持続的なジレンマになるーそれはさらに多くの女性にコーチングに魅力を持ってもらう方法である。特に、不可解さは、プロから引退した大勢のハイパフォーマンスアスリートが不在なことです。過去10年の我々の際立ったオリンピックや世界選手権のパフォーマンスを考慮する:女性は目立…

説明・原文抜粋(en)

Canadian Journal for Women in Coaching Journal April 2003 Vol 3 No 4 When Canadian women in sport get together, the talk often turns to a persistent dilemma - how to attract more women to coaching. Particularly puzzling has been the absence, in any significant numbers, of retired high performance athletes from the profession. Consider our outstanding Olympic and world champions…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/コーチング/コーチング
キーワード(jp)
キーワード(en)
提携団体

help

笹川スポーツ財団
説明・原文抜粋(jp)

他の西欧諸国と同様に、デンマークのスポーツもまた、スウェーデン体操、ドイツのトゥルネン(体操)、そしてイギリスのスポーツから影響を受けている。特に、農村地域の社会運動が歴史的には活発であり、ニールスブック(Niels Bukh(1880-1950))が主導したデンマーク体操など非競争的なスポーツ(folkelige idraet)と精神性の重視は民衆のイデオロギーとなり、現在もデンマーク体操、スポーツ協会(Dansk…

カテゴリ

help

-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/海外
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/21 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

記憶に残るシーンを残してくれたものの、ロンドンオリンピックにおけるカナダの全体的なパフォーマンスは芳しくなかった。2008年北京オリンピックと比べて、総メダルランキングでは同数であったものの、金メダルと銀メダルの数では下回り、総メダル数でトップ12という目標にも遠く及ばなかった。しかしながら、ロンドンオリンピックで世界のトップ3入り、メダルを獲得したカナダ選手の功績が色あせることはない。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター