女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:10

出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

夏季五輪の招致にも積極的なカタール。最近では、女性のスポーツ参画も進めている。初めて五輪に参加したカタール人女性のバヒヤ・ハマド選手は、開会式で旗手を務めた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

1896年に近代オリンピックが始まった。第1回アテネ五輪では、出場者は280人の男子のみ。参加国は欧米先進国14ヵ国であった。第30回目となったロンドン五輪では、204の国と地域から約10,500人、うち女子は4850人が参加した。参加国・人数も増え、近年では出場スタイルも多様化してきたといえる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/モラル諸問題
-スポーツにおける女性の問題/その他/その他
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

宗教と社会が切り離せないように、スポーツも宗教と密接な関わりを持つ。宗教上の理由から、女性のスポーツ参加が禁じられている国が存在する。スポーツへの女性参加を推進してきたIOCでは、長年の働きかけにより、ついに2012年のロンドン五輪で、全ての参加国・地域からの女性の出場と、全競技で女性が参加するという歴史的な大会を実現させた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/人権
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

女性がオリンピックに初めて参加したのは、1900年の第2回パリ大会。IOCの見解によると、当時、16競技60種目が行われ、19ヶ国から1066人(女子12人)の選手が参加した。2012年に行われたロンドンオリンピックでは、初めて全競技で女性種目が実施される初めての大会となった。各国・地域を代表して参加した女性たちの思いも特別なものがある。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/4 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際オリンピック委員会(IOC)の副会長に新しく就任したナワル・エル・ムータワキル氏は、ロンドンオリンピックは女性スポーツの試金石となった、とAround the Rings(ATR)に対して話した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2012年ロンドンオリンピックでは、新たに大きく3つの動きがあった。1つ目は、女性の進出。2つ目に、ソーシャルネットワークやインターネットメディアを通じた情報発信。3つ目に、ドーピング検査の徹底。これらの事実について、データとともに振り返る。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/ドーピング
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/メディア
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2013/1/18 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

1896年に近代オリンピックが始まって116年が経った。2012年ロンドンオリンピックは、これまで女子の五輪代表を認めていなかったカタール、サウジアラビア、ブルネイからも女子代表選手が参加し、204ヵ国・地域のすべての参加国から女子選手が参加した歴史的な大会となった。  また、このロンドンオリンピックでは、ボクシングが女子種目に採用され、初めて全競技で女子選手の参加が可能となった。出場選手数においても女子は近年増加傾…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ/女性スポーツ全般
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
英字題名

United Nations Office on Sport for Development and Peace Youth Leadership Camp Train Youth to be Advocates for Gender Equality

出版年/提携団体

help

2012 International Working Group on Women and Sport
説明・原文抜粋(jp)

UNOSDPは2012年1月に国連ユースリーダーシップキャンプという概念を打ち出し、それ以来、計3回のキャンプがカタール、ドイツ、スイスで開かれた。キャンプには、開発計画の一環としてスポーツで働く若者たちが、サブサハラ・アフリカやパレスチナ自治区より集まった。

説明・原文抜粋(en)

UNOSDP launched the concept of Youth Leadership Camps in January 2012 and since then three camps have taken place in Qatar, Germany and Switzerland. The camps gather together youth who work in sport for development projects across Sub‐Sahara Africa and Palestinian territories.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/倫理/モラル/セクシュアル
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/セクシュアリティ
-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/11/7 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドン五輪は、史上初めてカタール、ブルネイ、サウジアラビアが女性アスリートを派遣し、204の国・地域全てから男女アスリートが参加した記念すべき大会となった。また女子ボクシングの実施で、全競技で女性種目が正式に加わった。  文部科学省は、国際競技力向上のためのマルチサポート事業の一環として、昨年より「女性アスリート戦略的強化支援方策の調査研究事業」を開始した。 順天堂大学が文科省の委嘱を受けて行っているこの「戦…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/文部科学省
-女性選手強化・支援制度/強化戦略
-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/29 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

世界中から20,020名以上の選手が史上最大のスカッシュの大会に参加し、世界スカッシュ連盟(WSF)のスカッシュを2020年のオリンピック種目採用に向けた運動を後押しする。  大会は10月20日に行われるが、大会当日は世界スカッシュデーと名付けられている。

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツ経営/競技環境
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター