女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:3

出版年/提携団体

help

2012/10/4 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際スポーツクライミング連盟(IFSC)のMarco Scolaris会長は、もし、スポーツクライミングが2020年オリンピックプログラムに採用された場合は、1つの種目のみを実施することを確認した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/6 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

国際ローラースポーツ連盟(FIRS)は、2020年オリンピック競技採用に向けたIOCの評価対象イベントで、9月7日に始まる世界ローラー スピードスケート選手権のIOCの視察に向けて、準備を進めている。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
キーワード(jp)
英字題名

Women in the 2000, 2004 and 2008 Olympic and Paralympic GamesAn Analysis of Participation, Leadership and Media Opportunities

出版年/提携団体

help

2009 Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

一見したところ、夏季オリンピックでは、女性アスリートは男性と同等になったように見える。2004年のアテネと2008年の北京大会では、女性アスリートの参加は、すべての競技において45%近くを占めた。しかし、この競技参加やリーダーシップ参画の数字を深く検証してみると、夏季オリンピックのような大会に女性の参加数が増えたのは、ほんの最近であることが明白である。女性のスポーツ参加やリーダーシップの問題は、なすべきことがたくさん…

説明・原文抜粋(en)

At first glance, the summer Olympic Games appear to be a setting where female athletes have nearly reached parity with men. In the 2004 Games in Athens and 2008 Games in Beijing, women competed in nearly 45% of all events. However, as one looks deeper into the number of participants, events and leadership opportunities provided to women, it is evident that women have only recently b…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/リーダーシップ
-スポーツ経営/メディア
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
キーワード(en)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター