女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:7

英字題名

Emily Cook

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

エミリー・クックは、オリンピックで戦うことが幼い頃からの夢であった。彼女はフリースタイルスキーの5回U.Sチャンピオンである。2004年以前、クックは両足に怪我を負ったが、2004年の夏には復帰し、2005年の冬に、世界チャンピオンに導くチームとして戦った。彼女は2006年トリノ大会にて、初のオリンピックに出場した。2010年、2回目のオリンピックを経験し、2010年と2011年に国内タイトルを得て、同じ年に2つ目の…

説明・原文抜粋(en)

Emily Cook never lost the hope to one day compete in the Olympics- this has always been her dream ever since she was a little girl. Cook is a five time U.S champion in freestyle skiing. Prior to 2004 Cook was sidelined because of bad injury to both of her feet; she eventually rehabbed and returned in the summer of 2004. In the winter of 2005 she started to compete once again which l…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Grete Eliassen

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

グレテ・エリアッセンは、偉大で万能な、多くのWX分野の大会で優れていたスキーヤーである。彼女は女性スキーヤーのサラ・バークとオフィリーデビッドと並び、現在6つのWXメダルを獲得している。彼女は女性スキーのより多くの露出機会を与るため、2010年に映画「Say my name(私の名前を言って)」を作った。

説明・原文抜粋(en)

Being a great all- around skier who has outshined competition in many WX disciplines is what Grete Eliassen is all about. She currently has 6 WX medals, tied with Sarah Burke and Ophelie David for most among female skiers. Because of her racing background this has given her a smooth style on the slopes which helps her speed. Wanting to give women’s skiing more exposure Eliassen has …

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Nikki Stone

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

ニッキ・ストーンは、オリンピック金メダリスト、35回のワールド・カップ・メダル、11回のワールド・カップ・タイトル、4回の米国チャンピオン、2年のエアリアル・ワールド・カップ世界チャンピオン、逆エアリアル米国発のオリンピックチャンピオン、米国スキー栄誉の殿堂メンバーである。

説明・原文抜粋(en)

Olympic gold medalist, 35 World Cup medals, Eleven World Cup titles, Four-time U.S. Champion, Two year-long Aerial World Cup titles World Champion, America's first Olympic champion in inverted aerials, Member of the National Ski Hall of Fame

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Tales of Transition: From Star Athlete to Career Coach

出版年/提携団体

help

2003/4 Coaching Association of Canada
説明・原文抜粋(jp)

カナディアン・ジャーナル・フォア・ウィメン・イン・コーチング 2003年4月vol.3 NO.4 スポーツ界のカナダの女性が一同に会するとき、話はしばしば持続的なジレンマになるーそれはさらに多くの女性にコーチングに魅力を持ってもらう方法である。特に、不可解さは、プロから引退した大勢のハイパフォーマンスアスリートが不在なことです。過去10年の我々の際立ったオリンピックや世界選手権のパフォーマンスを考慮する:女性は目立…

説明・原文抜粋(en)

Canadian Journal for Women in Coaching Journal April 2003 Vol 3 No 4 When Canadian women in sport get together, the talk often turns to a persistent dilemma - how to attract more women to coaching. Particularly puzzling has been the absence, in any significant numbers, of retired high performance athletes from the profession. Consider our outstanding Olympic and world champions…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/コーチング/コーチング
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

タレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)は、2004年に福岡県で発足し、現在は全国12カ所に拡大している。きっかけとして、2000年に文部科学省が策定した「スポーツ振興基本計画」の目標として「オリンピックにおけるメダル獲得率の3.5%」が明示されたことにある。2012年、タレント発掘事業が開始してから8年が経過し、戦略的な選手育成が、実を結びはじめている。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2004年に福岡県から始まったタレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)。スポーツ振興基本計画の目標である、「オリンピックにおけるメダル獲得率3.5%」達成のための具体策である。これまでの概念を覆すような特徴のひとつに、積極的な「転向」を推奨していることがあげられる。目標を「世界」へと設定したこの事業は、単純に素質のある選手の育成だけではなく、個人の適性の見極…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

タレント発掘・育成事業は、各地方自治体や競技団体を中心に実施されており、JOC(日本オリンピック委員会)やNTC(ナショナルトレーニングセンター)が支援を行っている。ジュニア期からのトップアスリート育成を目指したもので、2004年から実施されている福岡県タレント発掘事業などが有名である。ジュニア期からさまざまな競技に触れ、適性を見極めて競技を選択する場合や、種目を週種目に限定して実施している地方自治体もある。効果も聞…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター