女性スポーツデータサーチ

ソリューションで絞り込み

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:63

出版年/提携団体

help

2012/8/15 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロシア連邦のプーチン大統領がクレムリンでオリンピックロンドン大会の金メダリストたちを叙勲した。  『ロシア連邦第四等祖国貢献勲章』が女子シンクロナイズドスイミングのグロモワ、ダヴィドワ、イシェンコ、ロマシナ及びハシャノワ並びに女子体操のカナエワに授与された。  『ロシア連邦名誉勲章』が女子陸上のア

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
-スポーツにおける女性の問題/女性のスポーツ
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

「マルチサポート事業」とは、文部科学省が2008年度から実施している、オリンピックなどでメダル獲得の期待がかかるトップレベル競技者に対する多方面からの、専門的かつ高度な支援を戦略的・包括的に行う委託事業である。同省は2012年4月6日、「マルチサポート事業」の新たな対象競技を発表した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/文部科学省
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

女性選手にとって結婚、出産、育児という人生のイベントは、周囲の理解や支えがない限り、競技からの離脱に直結する大きな要因である。福岡医療専門学校(福岡市)では、女性ランナーが長く競技に関われる環境づくりに取り組んでいる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/キャリア・キャリアプログラム
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

ロンドンオリンピック2012では、全参加国・地域から女性が参加した。すべての五輪競技にも女性が参加した歴史的なこの五輪は、日本のみならず女性の活躍が目立った。4年に1度の大舞台を目指して、各国は独自の練習を積んでおり、女子バレーボール世界ランキング3位の中国の女子バレーボールナショナルチームはロンドンオリンピック前に男子チームと練習試合を行った。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

文部科学省は、女性特有の病気や子育てに柔軟に対応すべく、女性選手を支援するプロジェクトを始めた。文科省が費用を負担しシッターを派遣するなど、これまでの「結婚や出産=引退」という概念を覆し、ママでも競技を継続、集中できる環境整備に取り組んでいる。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/その他
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/キャリア・キャリアプログラム
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ウエルネス(健康・幸福)/健康/妊娠・出産
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

真鍋政義監督が率いる女子バレーボールの快進撃が続いている。2010年世界選手権で32年ぶりに銅メダルを獲得し、2011年のW杯でも1989年大会以来4位に入賞した。そして2012年、ロンドンオリンピックでは1984年ロサンゼルスオリンピック以来28年ぶりとなる銅メダルを獲得し、日本中が沸きあがった。iPadを活用し、データを重視する真鍋バレー。それは76年モントリオール五輪で金メダルへ導いた故山田重雄監督を思い起させ…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/コーチング/コーチング
-女性選手強化・支援制度/強化戦略/情報戦略
-トレーニング/研究開発
-ニュース/スポーツ組織ニュース
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

マーティン・ウィルトシャー氏は、2012年にロンドンで開催されるパラリンピックのシッティングバレーボール、イギリス代表選手だ。シッティングバレーボールは、1980年にパラリンピックの正式種目となった。1チーム6人制で、座位でプレーする競技で、障がい者と健常者が共に競技できるスポーツでもある。 パラリンピックの舞台に立つマーティン氏。実は2005年、ロンドンでそのきっかけとなる同時爆破テロに遭遇していた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/障がい者スポーツ
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/その他
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

トップアスリートの技術は、主にアスリート本人やコーチなどによって感覚的に評価されている場合が多い。しかし、さらなる技術向上を目指す場合、客観的な評価が必要となってくる。 国立スポーツ科学センター(JISS)では、「スポーツ医・科学支援事業」の一つとして「動作分析」を実施。競技会でのパフォーマンスと日常的なトレーニングとの関連性を評価し、アスリートやコーチに客観的な評価をフィードバックすることで、さらなる競技力向上を…

カテゴリ

help

-トレーニング/研究開発
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

日本のスポーツ選手強化において、近年ではタレント発掘育成事業が盛んに行われている一方で、学校部活動における選手強化は古くから重要な資源である。日本では、ジュニア期(小学校から高校)には学校の指導者、トップレベルの競技者には大学や企業の指導者が中心となって指導するといった体制が一般的である。 しかし、このような指導体制では、競技者の将来を見据えた指導がなされず、各学校期において指導方針が変わり、トップレベルの競技者を…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/青少年スポーツ
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

女性アスリートにとって出産・育児等は大きな壁であった。出産をきっかけに競技から引退するアスリートも多かった。今でも、育児の支援など課題はまだ多い。しかし、近年では女性アスリートに対する医・科学サポート等の進展によって環境整備が整いつつある。女性アスリートの出産後の競技復帰は、陸上競技やバレーボール、スケートなどさまざまな分野で進んできている。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/その他
-ウエルネス(健康・幸福)/健康/妊娠・出産
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター