女性スポーツデータサーチ

ソリューションで絞り込み

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:50

出版年/提携団体

help

2012/10/5 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

オーストラリアスポーツ研究所(AIS)は、オーストラリアラグビーフット ボール協会(ARU)と共に、最新のスポーツ科学とテクノロジーを応用して測定 を行い、2016年リオデジャネイロオリンピックやその後を目指す7人制ラグビー の究極の選手を育成しようと試みている。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-トレーニング/スポーツ医科学
-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/23 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2020年オリンピックの競技プログラムに採択されることを目指している、7つのスポーツは国際オリンピック委員会(IOC)指定の各競技を評価する為のイベントにIOCが参加後の今年末に行われる調査を受けることになる。  野球とソフトボールは二つの競技を統合して、単一競技として、オリンピック競技への採用を目指す、一方、空手、ローラースポーツ、スカッシュ、 スポーツクライミング、ウェークボード、武術太極拳もオリンピック競技に採…

カテゴリ

help

-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

「マルチサポート事業」とは、文部科学省が2008年度から実施している、オリンピックなどでメダル獲得の期待がかかるトップレベル競技者に対する多方面からの、専門的かつ高度な支援を戦略的・包括的に行う委託事業である。同省は2012年4月6日、「マルチサポート事業」の新たな対象競技を発表した。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-行政・教育・企業/政策・スポーツ政策/文部科学省
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

文部科学省は、女性特有の病気や子育てに柔軟に対応すべく、女性選手を支援するプロジェクトを始めた。文科省が費用を負担しシッターを派遣するなど、これまでの「結婚や出産=引退」という概念を覆し、ママでも競技を継続、集中できる環境整備に取り組んでいる。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/その他
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/キャリア・キャリアプログラム
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ウエルネス(健康・幸福)/健康/妊娠・出産
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

出産を機に競技をやめてしまうアスリートは少なくない。国内では、女性アスリートに対し産前・産後と競技の両立をサポートするような支援が十分でなかったため、男性と同じ練習を女性に行っているケースがほとんどである。選手は手探りで体調管理・トレーニング・子育てをしているが、その負担は大きい。そこで、競技生活へ戻ってくるママアスリートが再び活躍できるよう、国は2011年から女性アスリートに適した支援を行うプロジェクトを始めている…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/アスリート・サポート/医科学サポート
-ウエルネス(健康・幸福)/健康/妊娠・出産
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

2012年ロンドンオリンピックから外された野球とソフトボール。日本にとってはメダルが期待できる競技でもあるが、2016年リオデジャネイロオリンピックでの復活種目として検討されながら落選した。その一方でゴルフは1904年の大会以来、実に112年ぶりの復活となる。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

夏季五輪の招致にも積極的なカタール。最近では、女性のスポーツ参画も進めている。初めて五輪に参加したカタール人女性のバヒヤ・ハマド選手は、開会式で旗手を務めた。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/イクィティ・イクオリティ(平等)
-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/10/22 順天堂大学
説明・原文抜粋(jp)

女性がオリンピックに初めて参加したのは、1900年の第2回パリ大会。IOCの見解によると、当時、16競技60種目が行われ、19ヶ国から1066人(女子12人)の選手が参加した。2012年に行われたロンドンオリンピックでは、初めて全競技で女性種目が実施される初めての大会となった。各国・地域を代表して参加した女性たちの思いも特別なものがある。

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/ジェンダー/その他
-スポーツにおける女性の問題/スポーツ振興・普及・参加
-スポーツにおける女性の問題/その他/ダイバーシティ(多様性)
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/8/12 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

ロンドンオリンピックでは、11日に行われた競技で、ユースオリンピック(YOG)を経験した3人の選手がメダルを獲得した。  テコンドーの男子58kg級では、コロンビアのOscar Munoz選手が、テコンドーで同国初のメダルとなる、銅メダルを獲得した。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/競技者・人材育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/9/22 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

Triathlon New Zealandは、2016年リオ五輪に向けた準備の手始めに、イギリス人Graeme Mawを新設のポジションであるハイパフォーマンスディレクターに任命した。  Mawは、2001年から2006年にかけて、British Triathlonのハイパフォーマンスディレクターを務めたが、今回の任命は、Triathlon New Zealandのエリートシステムの見直しに続いて行われた。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/強化戦略/戦略プラン・体制
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/オリンピック関連
-ニュース/競技結果
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター