女性スポーツデータサーチ

検索キーワード

翻訳して検索:

タイトル
著者
キーワード
出版年
内容対象国
女性スポーツカテゴリ
大カテゴリー
中カテゴリー
小カテゴリー
ドキュメント区分
リソースタイプ
提携団体

条件をリセット

ヒット数:7

英字題名

Nikki Tomlinson Franke

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

ニッキ・トムリンソン・フランケ博士は、フェンシングの歴史で最も賞賛されて叙勲されたコーチの1人になった。テンプル大学の女性フェンシングヘッドコーチとして、彼女の31回目のシーズンにはいって、フランケは大学フェンシングの歴史上の初のアフリカ系アメリカ人の女性フェンシング・コーチで、NCAAフェンシング・チーム1部をトレーニングするただ一人のアフリカ系アメリカ人の女性である。

説明・原文抜粋(en)

Dr. Nikki Tomlinson Franke has become one of the most admired and decorated coaches in the history of fencing. Entering her 31st season as the head women’s foil coach at Temple University, Franke is the first African-American female fencing coach in the history of collegiate fencing and is the only African-American woman to coach an NCAA Division I fencing team.

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Thresa Weld Blanchard / Dona Schachrer-Elek

提携団体

help

Women’s Sports Foundation
説明・原文抜粋(jp)

1920年代初期、テレサ・ウェルド・ブランチャードは、他のアメリカのスケーターがつま先のホップのみを行っていた時、大胆なループやジャンプをし、時には 「女性らしくない」ことで点数を下げていた。 ドナ・シャクレール・エレークは、1934年と1935年の世界選手権大会、1936年のオリンピックで個人フルーレ競技の金メダリストである。1937年世界大会の銀メダルは彼女にとって、1948年のオリンピックまでの最後の大き…

説明・原文抜粋(en)

Thresa Weld Blanchard:In the early 1920s, Theresa Weld Blanchard's daring loops and jumps where sometimes marked down for being "unladylike," at a time when other American skaters did only a toe hop. Dona Schachrer-Elek:The gold medalist in the individual foil in the 1934 and 1935 World Championships as well as the 1936 Olympic Games, Elek's silver at the 1937 Worlds was her last…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/女性スポーツの歴史
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

In their own voice: Women Coaches raising a family

出版年/提携団体

help

2000/9 Coaching Association of Canada
説明・原文抜粋(jp)

カナディアン・ジャーナル・フォア・ウォメン・イン・コーチング・ジャーナル 2000年11月Vol.1 No.2 コーチングキャリアを追求している家族を持つ女性のために、いくつかの問題は克服しがたいようだ。彼女らの精神、コミットメントそれ以上に情熱を理解するのは比較的簡単である。しかしながら、彼女らの職業の要求に対処する不屈の精神をどのうに説明できるだろうか?

説明・原文抜粋(en)

Canadian Journal for Women in Coaching Journal November 2000 Vol 1 No 2 For women with a family pursuing a career in coaching, some problems seem insurmountable. It is relatively easy to understand their spirit and commitment and, above all, their passion. How, though, to explain their fortitude in coping with the demands of the profession?

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/コーチング/コーチング
キーワード(jp)
キーワード(en)
英字題名

Staying The Course: Candid Observations of Women Coaches On The TrialsAnd Tribulations Of Their Profession

出版年/提携団体

help

2002/3 Coaching Association of Canada
説明・原文抜粋(jp)

カナディアン・ジャーナル・ウォメン・イン・コーチング ジャーナル2002年3月vol.2 No.4 コーチングキャリアを望む女性は険しい道のりに直面するということは一般的に認識されている。 女性コーチ数の増加と環境改善のためのいくつかの取り組みに関わらず、今日でさへ、事実上、カナダのシニアヘッドコーチまたはアシスタントコーチは全て職場で一般的に受け入れられている女性の権利と比較してほとんどいない。1997-1998…

説明・原文抜粋(en)

Canadian Journal for Women in Coaching Journal March 2002 Vol 2 No 4 It is generally acknowledged that women who want a coaching career face a rough ride. Even today, with a woman's right to be in virtually every workplace generally accepted, women who are senior head and assistant coaches in Canada are comparatively few - despite several initiatives to raise their numbers and i…

カテゴリ

help

-スポーツにおける女性の問題/コーチング/指導者・コーチ
-スポーツにおける女性の問題/コーチング/コーチング
キーワード(jp)
キーワード(en)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

タレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)は、2004年に福岡県で発足し、現在は全国12カ所に拡大している。きっかけとして、2000年に文部科学省が策定した「スポーツ振興基本計画」の目標として「オリンピックにおけるメダル獲得率の3.5%」が明示されたことにある。2012年、タレント発掘事業が開始してから8年が経過し、戦略的な選手育成が、実を結びはじめている。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

2004年に福岡県から始まったタレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)。スポーツ振興基本計画の目標である、「オリンピックにおけるメダル獲得率3.5%」達成のための具体策である。これまでの概念を覆すような特徴のひとつに、積極的な「転向」を推奨していることがあげられる。目標を「世界」へと設定したこの事業は、単純に素質のある選手の育成だけではなく、個人の適性の見極…

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
出版年/提携団体

help

2012/12/27 国立スポーツ科学センター
説明・原文抜粋(jp)

部活動は、基本的に単一種目を集中的に行う。それに比べてタレント発掘育成事業(TID: Talent Identification Development)では、あらゆる種目を経験させ、個人の適性を見抜く。競技の転向にも積極的だ。

カテゴリ

help

-女性選手強化・支援制度/タレント発掘・育成/ジュニア育成
-女性選手強化・支援制度/キャリア・トランジション/競技・種目変更、国籍変更
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国際大会
-スポーツ経営/スポーツ競技会(国際・国内)/国内スポーツ大会
キーワード(jp)
page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター