女性スポーツデータサーチ

提携団体とは

 「女性スポーツデータベース」は、下記の海外組織と提携し、国内組織よりご協力いただいております。(2014年9月1日時点。今後、順次拡大予定)

 提携・協力機関からは、書誌(カタログ)情報だけでなく、実際のデータファイルを授受しており、本データベースからファイルデータの内容を見ることができます。

女性スポーツ財団/Women’s Sports Foundation(WSF)

プロテニス選手ビリー・ジーン・キングが提唱して1974年に設立された非営利の女性スポーツ振興団体。米国で最も影響力と行動力のある組織の1つとして知られる。

カナダ女性スポーツ振興協会/Canadian Association for Advancement of Women and Sport(CAAWS)

カナダのスポーツシステムの変革を目的に1981年に設立された女性スポーツ振興団体。選手からコーチ、審判など幅広い対象に実践的なサポートを実施している。

カナディアン・スポーツ・フォー・ライフ/Canadian Sport for Life(CS4L)

カナダにおける運動の質の向上を目的に設立されたスポーツ振興団体。「長期的視点からの選手育成」(LTADモデル)を活用したツールの開発や提言などを行っている。

カナダコーチング協会/Coaching Association of Canada(CAC)

コーチのスキルや社会的地位向上を目的に設置された非営利団体。様々な実践的情報やプログラムを提供している。

国際女性スポーツワーキンググループ/International Working Group on Women and Sport(IWG)

「ブライトン宣言」の趣旨にのっとり、世界中のスポーツ専門家を束ね、グローバルにスポーツにおける男女平等を実現することを目的としたワーキンググループ。

女性スポーツフィットネス財団/Women’s Sport and Fitness Foundation(WSFF)

イギリスおいて「スポーツを通じて、スポーツにおける男女平等を追求し促進する」ことを目的に1984年に設立された。すべてのレベルの女性がスポーツに参加する機会を改善することに専心する、イギリスで唯一の組織。

国立スポーツ科学センター/Japan Institute of Sports Science(JISS)

日本の国際競技力向上のために、スポーツ科学・医学・情報など先端的な研究のもと、充実した最新施設、器具・機材を活用し、各分野の研究者、医師等の専門家集団が連携しあって支援に取り組んでいる。

笹川スポーツ財団/Sagawa Sports Foundation(SSF)

笹川スポーツ財団(SSF)は、1991年3月に日本のあらゆるスポーツの普及、振興、育成を図り、国民の心身の健全な発達と明るく豊かな国民生活の形成に寄与することを目的として設立された。以来、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができるよう、調査研究事業をはじめ国際交流事業、助成事業など、さまざまな事業を展開している。

page top

© 順天堂大学 女性スポーツ研究センター